お得な情報「脱毛」や「エステ」ナビ

脱毛行こっかな。どこか良いとこないかなって?いろんなサイトを見てみたの。
そしたら脱毛やエステだけじゃないいろんな情報が載ってるためになるサイトを見つけたんだよね。
って、私がこっそり見ているサイトを大公開しちゃうね!!

ビジン ドット トーキョーってサイトがあるんです。
ちょっと意識高い系の女子にはうれしい、いろんな情報が盛りだくさんなんです。
エステや化粧品、健康食品にスイーツなんかも紹介されています。
もちろん脱毛のKIREIMOも紹介されています。いろんな情報が参考になりますよ。
行ってみよ〜かな

最近は季節に関係なく「脱毛」ってやるんですね!お若い女子は。
年がら年中、剃りまくってるんですよ。
アラフォーの私ともなると肌の露出がそろそろかな〜って季節になって、
やっとそわそわし始めて…って、セルフジョリジョリで済ましちゃう〜なんて、ここ数年。
さらに冬はこもってそのまんま….。なんで日常茶飯事、年中茶飯事です。

大切なのは、やる気でしょうか、色気でしょうか…。
それとも…。
自分にあった「脱毛」や「エステ」が見つけられていないから?

そもそもなんで脱毛ってやんなきゃいけないの?
先達たちが通ってきた「脱毛」。
ちょっと「脱毛機器」の歴史(←大げさ)を調べてみました。

「脱毛機器」の歴史〜1960年頃から〜

1960年代になると、西洋ファッションが流行し女性の社会進出などにより、身だしなみの一部として女性のワキの下の脱毛が流行しはじめました。となると、それまではボーボーってコトなのかな?

KIREIMOさんのTVCMです。こんなに綺麗になるんですね!ワキ!!

1970年代になると日本にも「ブレンド脱毛器」なる機器が入ってきて、エステでも「電気脱毛技術者」による施術が行われるようになりました。市場の拡がりに伴い国内でも脱毛器の開発・製造され、日本人の肌質や毛質、用途に合わせて「ブレンド脱毛」と「フラッシュ脱毛(高周波脱毛)」のテクニックの使い分けができる多機能型の脱毛器も市場に出ました。技術の進歩は早いですね!

1980年代初頭の1983年のアメリカ。賢い大学で有名なハーバード大学のロックス アンダーソン博士(Dr.Rox Anderson)が、「選択的光熱融解理論」を発表しました。これは、ある一定のレーザーの波長・照射時間を最適化することで、周りの組織には影響を及ばさずに特定の組織のみを選択的に反応させることができるものです。(ん〜、むずい!)

1990年代後半には、「選択的光熱融解理論」に基づきレーザー治療への応用が進み、レーザー脱毛の研究も発展します。(素晴らしい!!)1997年には日本にもレーザー脱毛器が輸入されました。1999年頃から大手エステの参入もあり、日本でメンズエステ市場は急速に拡がりました。(おしゃれ男子!好きよ!!)特に20~30代の若い男性の美容意識の変化から、職業的な必要性、髭のカミソリ負けやむだ毛の解消を目的とした男性の脱毛美容が始まりました。

2000年代に入り、日本のエステ業界では、医療用レーザー脱毛とは違う出力の弱い、いわゆる「美容ライト脱毛/光脱毛」が開発されました。(すんごい!)そして、脱毛市場が拡大しました。「美容ライト脱毛/光脱毛」は、可視光線から近赤外線領域の波長(400~1200nm)をパルス化して照射するもので、皮膚組織の色素が特定の波長の光を吸収する性質を利用しています。(ますます、むずい!!!)

現在の美容脱毛は、「美容電気脱毛」と「美容ライト脱毛/光脱毛」などがあり、むだ毛の脱毛を希望する人のニーズに合わせて、より適した脱毛法が選択できるようになっています。スゴイですね!!

出典:日本スキン・エステティック協会
  1. 大公開

    お得な情報「栄養」の「バランス」ナビ
  2. 大公開

    お得な情報「ワッフルケーキ」の「通販」ナビ
  3. 大公開

    お得な情報「脱毛」や「エステ」ナビ
  4. 大公開

    お得な情報「ダイエットの食事」や「メニュー」ナビ
  5. 大公開

    お得な情報「カラコン」の「通販」ナビ
PAGE TOP